准看護師のスキルアップに役立つ資格

准看護師が正看護師になるためには、看護専門学校2年課程を修了して、看護師試験に合格しなければなりません。2年間は学業に集中するため、一旦仕事を辞めるか、働きながら勉強をするかを選択する必要があります。もし、進学が困難な場合には進学せずに、別の方法でスキルアップを目指してみてもいいでしょう。

透析治療を受けなければならない患者や糖尿病患者には、足の病変が少なくありません。足の病変には、フットケアの正しい知識とスキルが必要であり、そこで目指すといいのがフットケア指導士です。フットケア指導士は、フットケアのスペシャリストとして働きながら、フットケアの指導もできます。主催団体は日本フットケア学会で、受験資格を得るには3年以上の実務経験とフットケア指導士認定セミナーの受講が必要です。

呼吸療法認定士は、呼吸器領域で働く准看護師のスキルアップに役立ちます。呼吸器疾患に対する基礎的な知識を身につけ、機器の取り扱い方法などの勉強が必要です。日本胸部外科学会、日本呼吸器学会、日本麻酔科学会の3学会合同が主催団体となっています。受験資格は実務経験が3年以上、認定委員会が認める講習会などの参加実績を12.5点以上取得していることです。

認知症ケア専門士は、医療現場だけでなく介護現場でも役立ちます。一般社団法人日本認知症ケア学会が主催団体で、受験するには認知症ケアの実務経験が3年以上必要です。その他、認知症ケア専門士を30単位以上、研修会を修了している必要があります。