業務内容は変わらず、給与が変わる准看護師

正看護師と准看護師は、どちらも有資格者として医療現場や介護現場で活躍していますが、どのような違いがあるのでしょうか。准看護師が都道府県で発行される公的資格であるのに対し、正看護師は国家資格のため、正看護師の方が上位資格といえます。また、正看護師は医師の指示に基づき業務を行いますが、准看護師は医師か正看護師の指示がなければ基本に業務を行えません。

しかし、現場でできる業務内容にはそれほど違いはなく、投薬したり、採血したりすることが許されているという点でも同じです。実際に、現場でも准看護師は正看護師と同じ業務を任されており、特に区別されていないことも多くなっています。それならば、取得しやすい准看護師の資格で十分ではないかと考えるかもしれません。

ですが、業務は変わらないものの、給与だけが違うという職場があることも理解しておく必要があります。正看護師が上位資格ということもあり、准看護師より高い給与で雇われているのです。だからこそ、一般的には正看護師資格を取得した方がいいといわれています。

このような状況が生まれているのは、主に人材不足が原因です。本来ならより知識や技術がある正看護師が責任の重い業務に従事し、その補助として准看護師が働くといった差別化をするのが適切でしょう。しかし、看護師そのものが不足している影響で、個別に職務範囲を分ける余裕がないのです。だからといって同じ給与額にするのも憚られてしまうため、業務内容は同じでも給与が違うのが実態です。