転職先を決める際に気をつけたい点

准看護師も、正看護師と同じように社会的に需要が高まっており、第二新卒者からベテランまで転職しやすい状況となっています。特に、大規模な病院の病棟や外来で長年にわたって経験を積んだ人、オペ室やICUなどで専門性の高い業務を担当した人は、准看護師であっても転職後に給与アップを期待できるでしょう。そこで、時間を掛けて職場探しをすることが大切です。

しかし、一度も転職をしたことがない人は、求人の検索方法や求人先へのアプローチ方法について、わかりにくい部分もあるかもしれません。そこで、人材紹介会社の頼りになるスタッフに相談をしたり、求職者へのサポートが優れている転職支援サイトに登録をしたりすることが肝心となってきます。

転職後に看護師として無理なく仕事に取り組むには、前職で経験した主な業務内容を考慮しながら、自分の適性や能力に合った職場を見つけることがポイントです。たとえば、さまざまな診療科目が設置されている大規模な病院では、採用後に行う研修を通じて、看護師の適切な配置を決めているところも少なくありません。そのため、不安なく働き始められるのです。

もしも、転職後に1つの職場で長くキャリアを積みたい人は、後悔しないように、興味がある医療現場の給与アップや昇進昇格の条件について、求職中からきちんと把握しておく必要があります。その他、時間に余裕があれば、希望先の病棟から外来までさまざまな現場の見学をして、職場の雰囲気を確認しておくことも重要です。